2006年5月 9日 (火)

キリンカップサッカー2006 日本代表 vs ブルガリア代表

5月9日(火)19:20/大阪長居
日本 1 - 2 ブルガリア

得点者 0’トドロフ 75’巻 89’フリスト

GK 23 川口能活(磐田)
DF 2 田中誠(磐田)
DF 5 宮本恒靖(G大阪)(Cap.)
DF 22 中澤佑二(横浜FM)
DF 25 村井慎二(磐田)
DF 21 加地亮(G大阪)
MF 15 福西崇史(磐田)
MF 4 遠藤保仁(G大阪)
MF 30 阿部勇樹(千葉)
FW 28 玉田圭司(名古屋)
FW 36 巻誠一郎(千葉)

ナンじゃこりゃ il||li _| ̄|○ il||l

いくらなんでも0分失点ってのはダメでしょ

でもってロスタイムにFKで失点だし

始めもだめ。最後もだめ。

いい攻め見せてたのに負けるのは後味悪いil||li(つд-。)il||li

20本以上シュート打って1得点のはないよ

ただ、玉田のプレイは素晴らしかった

動き良し、パス良し、ドリブル良し、連携良し、シュート・・・うーん

なんかMFみたいだったけど今日のプレイなら合格だ。点取れれば完全復活だな

で、またきた

巻のごっつぁんゴールヽ(*´∀`)ノ

いやいや、取らなきゃいけない場面でお見事でした

ラッキーだって何だって、作り出せる選手は大事よ

小野が入ってからの攻撃は華麗で楽しかったけど

意外と遠藤のトップ下も機能できてて安定してたような

とにかく、試合やるからには勝って欲しい

ワールドカップ出るんでしょ日本

いい加減ミスからの失点は少なくしてほしいし

無駄なパス回しは見たくないし

何よりもシュートだシュート

正確なシュートを打ってくれ!

・・・・・水戸もだけどね・・・・・

で、川口はなんとかならなっかったのか・・・il||li _| ̄|○ il||l il||li _| ̄|○ il||l il||li _| ̄|○ il||l

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月 8日 (水)

柳沢敦

広島 3 - 4 鹿島 (15:06/広島ビ/17,564人)

得点者:'22 小笠原満男(鹿島)、'33 ウェズレイ(広島)、'38 柳沢敦(鹿島)、'39 佐藤寿人(広島)、'43 柳沢敦(鹿島)、'71 柳沢敦(鹿島)、'82 ウェズレイ(広島)

はて?

日本中を吹き荒れた春一番で、頭もおかしくなったかな俺

イタリア渡って2年間無得点で終わった人が、日本帰って1試合目でハットとはどういうことかと

日本のDF陣は、そんなにも海外とのレベルの差があるのかしら

アジアでしか点を取れない方々を、ワールドカップに連れて行くのはどーかと思いますよジーコさん

もっと結果を残しているルーキー達がいるんじゃないんですか

とりあえず

また梨花と付き合って、下げマンされたりすれば面白いのにな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

日本代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日本2-2ボスニアのドロー(44’高原 56’ミシモビッチ 67’スパヒッチ 89’中田)

いやー、劇的な引き分けでしたヾ(´▽`*;)ゝ"

とりあえず

■日本代表
-----------

GK 23 川口能活(磐田)
DF 5 宮本恒靖(G大阪)
DF 14 三都主アレサンドロ(浦和)
DF 22 中澤佑二(横浜FM)
DF 21 加地亮(G大阪)
MF 15 福西崇史(磐田)
MF 7 中田英寿(ボルトン/イングランド)
MF 10 中村俊輔(セルティック/スコットランド)
MF 8 小笠原満男(鹿島)
FW 9 久保竜彦(横浜FM)
FW 32 高原直泰(ハンブルガーSV/ドイツ)

初め、高原出てんのかい!と、突っ込んだ管理人ですが

彼がゴールした後には、一緒に観戦してた友人とガッツポーズを作っていた自分に激しく後悔

ドイツリーグで得点できない人が、ドイツ遠征で得点してやんの

でもやっぱりヘディングでしかゴールできないんですね高原さん(*´Д`)=3

後半からはボスニアの怒涛の攻撃が始まり

56’バルバレスのペナルティーエリア内でのシュミレーションでPKを取られ失点

まるで鈴木師匠を思わせるような素晴らしいこけっぷりです。

チェックにいった中沢なんか、ほとんど触れてなかったにも関わらずファールを取られる有様。

その後セットプレーから点を奪われ2-1の逆転

またしてもバルバレスの活躍

っていうかあなたもう今年で36歳でしょうが

日本でカズがレジェンドとか言われていますけど、この人も相当なものかと

残り20分位で久保と柳沢、小笠原と小野、福西と稲本をかえ、最後に高原と大黒をかえるが思ったような変化は起こらずロスタイムに突入

もうこのまま終わりかと思ったその瞬間、中村からのクロスに中田のヘディングが決まり同点

キタ━ヾ(   )ノ゛ヾ( ゚∀)ノ゛ヾ(゚∀゚)ノ゛ヾ(∀゚ )ノ゛ヾ(  )ノ゛━━!!

っていうかやっぱりあなたもヘディングですか・・・

今日のボスニア戦、仮想クロアチア戦だそうですが

正直、今日のような内容ではまず勝てそうにないかと。

フィジカル、スピード、パス回しと全てにおいて負けていたし、クロアチアはもっと組織的に攻めてくる

自分達のサッカーが完成されていなければ、結局今日のような後手後手に回る試合運びになるでしょう。

何回日本のディフェンス陣が振り回されたことか

ただでさえ悪い胃がキリキリキリと・・・http://star-burst.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_75e0.html

特に、アレックスさんのディフェンスは見るに耐えません。

左サイドは、序盤から完全に狙われてましたね

後半なんか攻められすぎて、逆サイの加持くんどこー?ってなことに

とりあえず、4バックは永遠に封印したらどうですかジーコさん?

それから、松井を出さなかった事に強く不満を感じます。

疲労の溜まってる小野を出すなら松井出してドリブルさせなさいよ

使わないなら呼ぶなボケェ

で、まぁ・・・あらためて思いましたのが

ジーコ運強ぇー(; ̄Д ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ゼロックススーパーカップ:G大阪 vs 浦和

G大阪1-3浦和(13:37/国立/35,674人)

http://www.jsgoal.jp/photo/00012700/00012754.html

管理人は仕事でみれませんでした(;´Д`) うぅっ。。

前半の2分にいきなり浦和がオウンゴールをかましてガンバ先制

ガンバしてやったりと思いきや、前半9分にCKから堀之内がズドン。1-1の振り出しに。

その後前半17分に ワシントン、後半 6分にポンテと順調に浦和が追加点を決めて

終わってみれば浦和の圧勝に

今年の浦和さん、取れる栄光を全て勝ち取りたいと話すように、チーム作りにも並々ならぬ気迫を感じます。

いいな~お金持ちのチームは

どこぞの新人ばかりをかき集めている納豆チームとは大違いだ(。´Д⊂)うぅ・・・

少し活躍すると、悪質な引き抜きにあったりする羽目にも合わなくてすむしね

ねぇ○幌さん

それにしても明神のセンターバックでの起用は予想できなかった;

チーム作りの差が今日の結果に繋がったかと

選手層だけみれば、ガンバと浦和が優勝候補であることには間違いないんですが、どちらも試合数の多さが気になるところ。

決して圧勝劇になることはないかと

で、個人的にはゼロックススーパーカップよりもこっちの方が気になるところで

http://www.jsgoal.jp/news/00029000/00029849.html

ダービーマッチとしては、『国内最大の胡散臭さと泥臭さ』を兼ね備えている「いばらきサッカーフェスティバル」

単なるかませ犬としか見られていない水戸ですが、ここいらでぎゃふんと言わせてやってくださいよ。

実際、鹿島は怪我人が続出していて、若手ばかりのチーム構成で試合に臨むことになりそうだと

チャンスはきちんと生かしなさい。PKもきちんと生かしなさい→岩館くん

卑怯と言われようが、ごっつぁんと言われようが

勝ってしまえばこっちのもん( ´∀`)ヵヵヵ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

アジア杯最終予選とドイツ遠征のスターティングメンバー

インド戦、さらりと圧勝を納めてくれましたね*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)

もっとも、前大会時の予選では7-0 4-0で勝っているわけだし

当たり前といえば当たり前か

で、巻さん2得点目おめでとう(笑)

誰がどう見ても長谷部のゴールだった気がしないわけでもないが

審判がゴールといったらゴールなんでしょうな

巻の納得いかないという表情が印象に残りました

小野さん、ジーコジャパンの1得点目に続き100得点目のゴールも奪うという快挙を成し遂げる。ほんとネタに困らないお人ですね

っていうか、こんなところで運を使うなと

あなたは元々運の無い人なんだから

鈴木師匠を見習いなさいhttp://www.geocities.jp/j1koramu/03koramu/suzuki.html

個人的に、佐藤寿人のゴールと久保のゴールが見れたので満足でしたが

インド相手に集中力が切れるまで点が取れないという状況はいかがなものかと

パスミスも結構あったし

ミドルシュートもすくなかったし

次のボスニア戦に期待します( ´∀`)

で、ドイツ遠征のスターティングメンバーが発表になりました

  ▽GK 川口(磐田)、下田(広島)、都築(浦和)

 ▽DF 田中(磐田)、宮本、加地(以上ガ大阪)、三都主、坪井(以上浦和)、中沢(横浜)、中田浩(バーゼル)、駒野(広島)、茂庭(FC東京)

 ▽MF 福西(磐田)、中田英(ボルトン)、中村(セルティック)、小笠原(鹿島)、稲本(ウェストブロミッジ)、小野(浦和)、遠藤(ガ大阪)、松井(ルマン)

 ▽FW 久保(横浜)、柳沢(メッシーナ)、高原(ハンブルガーSV)、大黒(グルノーブル)

長谷部はずれてんじゃん!

高原とか柳沢とかはやっぱり呼ばれるんですね

ジーコ監督は「本大会までの数少ない国際マッチデーなので、(国内組の)数人を日本に残していく選択をした」とのこと。

正直試合にも出ていない人はいらないんですが・・・

で、大久保はどこー?

合宿抜け出してキャバクラで寿司投げたりしてるとこういう目になるんですかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

王子様 ブリ~ン

馬鹿の貴公子

イタリアの貴公子に危機が

ローマ所属のイタリア代表MFフランチェスコ・トッティ(29)が19日、で左脚を負傷。
左足首の骨折で、戦列復帰までは約2カ月かかる見込み。

ローマでのエンポリ戦、トッティは前半12分、相手選手からタックルを受け転倒

転がってUp055009正面を向いたときに、足が明らかにおかしい方に曲がってるんですよ

もう、ブリ~ンって

すぐさま思い出したのが昨季の田中達也

田中が絶好調だっただけにショックな出来事でした

はやく戻って来ませんかね達也君ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

選手層の厚いイタリアでも、チームの中核を担うトッティの離脱は痛すぎる出来事でしょうに

これでトッティの弟分であるカッサーノが更生して、「兄貴の仇は俺が討つ!!」←意味不明

とか躍起になってくれたら面白くなるんですがね。

っていうか、この際バッジィオ様に復帰していただくのも一つの手かと・・・ダメ?

で、トッティもベッカムみたいにこもるんですかね、アレ→http://www.aquaedaria.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

日本対フィンランド

前回のアメリカ戦でふがいない結果を残した日本代表

今回のフィンランド戦でどれだけコンディションを上げてこれるかと楽しみにしていましたが

難なく2-0の快勝(o´∀`o)ノ

相手のフィンランドがフルメンバーでなかった事や、ホームである事を差し引いても納得の行く試合運びが出来ていたと思う

っていうか久保と小野が神だし;

久保の調子が上がってきているのは明らかだし、小野のテクニックはもう変態的だし

なんだかフットサルの試合を見ているようでした。

小笠原のロングシュートは正直びびった。ジーコもあの距離からのシュートは決めた記憶がないと驚いてましたな。

個人的には、佐藤寿人が良い動きをしていただけにゴールする姿が見たかった。

頑張れ寿人!!

久々に見ていて楽しい試合でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)