« 2006年6月11日 | トップページ | 2006年6月21日 »

2006年6月14日 (水)

日本代表

日本代表 1 -3 オーストラリア代表
得点者:'26 中村 俊輔(日本)、'84 ティム・ケイヒル(オーストラリア)、'89 ティム・ケイヒル(オーストラリア)、'92+ ジョン・アロイジ(オーストラリア)

ああ、憂鬱だ・・・

落ち込みすぎて更新する気にもなれなんだ il||li_| ̄|○il||li

せっかく川口に神が舞い降りてきてたのに

ほんと大舞台には強いのね川口さん

てっきりあのまま1-0で逃げ切れるのかと信じてましたよ

敗因に原因つけるなら日本の決定力の無さだろうなぁ

ボールの支配率にはさほど差は感じなかったけど、シュートにミスが多すぎた

今回の大会ではロングやミドルでのゴール数が圧倒的に多いと感じる

そしてきっちり決められる国が勝ちを収めている。大差で勝つパターンが少ないし

組織力や技術に差がなくなってきただけに、+αが必要なんだろう

スペースへボールを出してゴールへ攻め込むパターンでは勝てなくなってるのはちょっと寂しいところだけどなぁ・・・・

後はジーコの采配

試合前の情報戦は全く無し

当日の試合の布陣にも工夫無し

試合中の采配にも疑問を感じる

選手を信じるという信念を持っているのは大いに結構

でも足がもつれていたり、とまっている選手をそのまま残し布陣を変えてもチャンスは生まれないでしょ

ヒディングは試合前にも布陣を変え、戦術を変え、選手も変え

日本の攻撃を見事に防いでみせてた

失点後にもすぐに選手を変えて、攻撃に修正を加え続けたし

正直、もう少し何とかならなかったのかと・・・il||li _| ̄|○ il||l

とにかく、負けちゃったのは仕方が無い

クロアチアに是が非でも勝ってもらわねば!!

って・・・・クロアチアも好きなんだよな俺・・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月11日 | トップページ | 2006年6月21日 »