« 2006年2月26日 | トップページ | 2006年3月3日 »

2006年2月28日 (火)

日本代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日本2-2ボスニアのドロー(44’高原 56’ミシモビッチ 67’スパヒッチ 89’中田)

いやー、劇的な引き分けでしたヾ(´▽`*;)ゝ"

とりあえず

■日本代表
-----------

GK 23 川口能活(磐田)
DF 5 宮本恒靖(G大阪)
DF 14 三都主アレサンドロ(浦和)
DF 22 中澤佑二(横浜FM)
DF 21 加地亮(G大阪)
MF 15 福西崇史(磐田)
MF 7 中田英寿(ボルトン/イングランド)
MF 10 中村俊輔(セルティック/スコットランド)
MF 8 小笠原満男(鹿島)
FW 9 久保竜彦(横浜FM)
FW 32 高原直泰(ハンブルガーSV/ドイツ)

初め、高原出てんのかい!と、突っ込んだ管理人ですが

彼がゴールした後には、一緒に観戦してた友人とガッツポーズを作っていた自分に激しく後悔

ドイツリーグで得点できない人が、ドイツ遠征で得点してやんの

でもやっぱりヘディングでしかゴールできないんですね高原さん(*´Д`)=3

後半からはボスニアの怒涛の攻撃が始まり

56’バルバレスのペナルティーエリア内でのシュミレーションでPKを取られ失点

まるで鈴木師匠を思わせるような素晴らしいこけっぷりです。

チェックにいった中沢なんか、ほとんど触れてなかったにも関わらずファールを取られる有様。

その後セットプレーから点を奪われ2-1の逆転

またしてもバルバレスの活躍

っていうかあなたもう今年で36歳でしょうが

日本でカズがレジェンドとか言われていますけど、この人も相当なものかと

残り20分位で久保と柳沢、小笠原と小野、福西と稲本をかえ、最後に高原と大黒をかえるが思ったような変化は起こらずロスタイムに突入

もうこのまま終わりかと思ったその瞬間、中村からのクロスに中田のヘディングが決まり同点

キタ━ヾ(   )ノ゛ヾ( ゚∀)ノ゛ヾ(゚∀゚)ノ゛ヾ(∀゚ )ノ゛ヾ(  )ノ゛━━!!

っていうかやっぱりあなたもヘディングですか・・・

今日のボスニア戦、仮想クロアチア戦だそうですが

正直、今日のような内容ではまず勝てそうにないかと。

フィジカル、スピード、パス回しと全てにおいて負けていたし、クロアチアはもっと組織的に攻めてくる

自分達のサッカーが完成されていなければ、結局今日のような後手後手に回る試合運びになるでしょう。

何回日本のディフェンス陣が振り回されたことか

ただでさえ悪い胃がキリキリキリと・・・http://star-burst.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_75e0.html

特に、アレックスさんのディフェンスは見るに耐えません。

左サイドは、序盤から完全に狙われてましたね

後半なんか攻められすぎて、逆サイの加持くんどこー?ってなことに

とりあえず、4バックは永遠に封印したらどうですかジーコさん?

それから、松井を出さなかった事に強く不満を感じます。

疲労の溜まってる小野を出すなら松井出してドリブルさせなさいよ

使わないなら呼ぶなボケェ

で、まぁ・・・あらためて思いましたのが

ジーコ運強ぇー(; ̄Д ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 | トップページ | 2006年3月3日 »